【必須】WordPressのプラグインでおすすめ5選を紹介!

「WordPressに最初はどんなプラグインを導入したらいい?」
「誰もが使う必須のプラグインだけを教えてほしい!」

今回はこのような方に向けて記事を書いております。

WordPressを始めたばかりだと、一体何が本当に必要なプラグインなのか分からないですよね・・・。

この記事では、ほとんどのブロガーが使用している必須のプラグインを5つ紹介します!

初心者の方は、これらだけは絶対に入れておくことをおすすめします。

是非参考にしてください!

目次

必須のプラグイン5選

誰もが使っている必須のプラグインのみ紹介します。

Google XML site map(サイトマップ送信)

Googleサーチコンソールにsite mapを送信する為のプラグインです。

サイトマップの送信をすることで、グーグルにサイトをいち早く認識して貰えます。

あわせて読みたい
【2021年最新】Google XML Sitemapsの使い方を画像付きで解説!
【2021年最新】Google XML Sitemapsの使い方を画像付きで解説!「Google XML Sitemapsの使い方がわからない!」「手順方法を全部画像付きで教えて欲しい!」今回はこのような方に向けて記事を書いております。初めてブログを書く方だ...

SEO SIMPLE PACK(グーグルツール連携用)

Googleアナリティクス、Googleアドセンスとの連携に使用するプラグインです。

簡易的にこれらのグーグルのツールと連携することができるので入れておきましょう。

あわせて読みたい
【2021年最新】SEO SIMPLE PACKの使い方を画像で解説!
【2021年最新】SEO SIMPLE PACKの使い方を画像で解説!「SEO SIMPLE PACKの使い方がわからない」「設定手順を画像で教えてほしい!」今回はこのような方に向けて記事を書いております。ブログを書き始めると、最初は色んなプ...

siteguard wp plugin(不正ログイン、迷惑コメント対策)

不正ログイン、迷惑コメントを対策するためのプラグインです。

実際にサイト運営をしているとよくあるのが、海外からのスパムコメントがめちゃくちゃ来ます。

ブルートフォースアタックで不正ログインもあり得るので、必ず入れて置きましょう。

あわせて読みたい
【2021年最新】SiteGuard WP Pluginの使い方を画像で解説!
【2021年最新】SiteGuard WP Pluginの使い方を画像で解説!「SiteGuard WP Pluginの使い方を教えて欲しい!」「このプラグインはどんなセキュリティができるの?」今回はこのような方に向けて記事を書いております。ブログを始め...

BackWPup(バックアップ)

バックアップするためのプラグインです。

自動的にバックアップをしてくれるので、万が一データが消失してしまった時に役立ちます。

あわせて読みたい
【2021年最新】BackWPupの使い方を画像で解説!
【2021年最新】BackWPupの使い方を画像で解説!「BackWPupを使ったバックアップ方法が知りたい!」「バックアップしたデータの復元方法はどうやるの?」今回はこのような方に向けての記事となります。プラグインを取...

EWWW Image Optimizer(画像を圧縮

画像を圧縮することができるプラグインです。

画像を使う記事が多くなるとサイトが重くなるので、とりあえず入れて置いた方がいいプラグインです。

あわせて読みたい
【2021年最新】EWWW Image Optimizerの使い方を画像で解説!
【2021年最新】EWWW Image Optimizerの使い方を画像で解説!「EWWW Image Optimizerの使い方を教えて欲しい!」「どうやって設定したらいいの?」今回はこのような方に向けての記事になります。ブログを始めたばかりだと、プラグ...

入れない方がいいプラグイン

All in One SEO (旧名All in One SEO Pack)

サイトマップ送信用のプラグインです。

多くのサイトでおすすめされているプラグインですが、ハッキリ言って入れない方がいいです。

入れない方がいいのは以下の理由があります。

All in One SEOが要らない理由
  • サイトが重くなる
  • Google XML site mapと併用するとエラーが出る

サイトが重くなる

この中で一番致命的なのがサイトが重くなるということです。

サイトの読み込み速度が遅くなることは、訪問者を減らすことに繋がります。

実際に私もAll in One SEOを使っていましたが、プラグインをGoogle XML Site mapに切り替えて、サイトの読み込み速度を検証してみたところ、微量ではありますが速度の改善がありました。

そもそも、これらのプラグインはどちらもXML site mapをサーチコンソール上に送信することがメインの役割です。

また、All in One SEOに含まれる様々な機能は残念ながら、ほとんどのテーマに備わっています。

例えばメタディスクリプションの設定ですが、これは無料テーマであるCocoonですら備わっている機能なんですよね・・・。

元々備わっている機能を重複させても意味がないですし、無駄を除いた方が軽くなるのは分かりますよね。

併用するとエラーが出る

All in one seoとGoogle XML site mapは検索するとどちらもおすすめに出てくるので、両方入れてしまっている初心者の方が多いですが、これらは併用するとエラーが出る為おすすめしません。

2つの役割は同じなので併用する意味はほぼないです。

Akismet anti spam(迷惑コメント対策)

初期に入っている有名なプラグインですが以下の理由で必要ありません。

必要ない理由
  • 迷惑コメントをスパムをして振り分けるだけ
  • 商用利用すると有料
  • 有効化するのにいちいちアカウント登録しないといけない
  • サイトが重くなる

一つめに、迷惑コメントをスパムとして振り分けしてくれるだけなんで、結局迷惑コメントは来るんですよね・・・。

事前にコメントを抑止できるsiteguard wp pluginの方が有能です。

二つめに、商用利用すると有料になります。これは正直致命的ですね。

今時趣味でブログ書いている人なんてほぼいないのに、広告貼ったらダメなんですよ?

三つめは、有効化にアカウント登録が必要です。

いちいちアカウント登録を強制されるのって嫌ですよね。

最後には、サイトが重くなるということです。

他のプラグインよりも重たくなりやすいのでおすすめしません。

Classic Editor(旧エディタ)

旧バージョンの方法で記事が書けるようになるプラグインです。

直観的にはこちらの方が書きやすいでしょうが、現在は絶対にブロックエディタを使用した方がいいです。

ブロックエディタは慣れるまで少し時間が要りますが、こちらの方が圧倒的に便利に使えます。

ブログ書き始めの時にブロックエディタに慣れなかった私は、このプラグインを導入して記事を書いていましたが、最終的にはこのプラグインを削除して、ブロックエディタへと移行しました。

またWordPressのあらゆる機能は最新のブロックエディタに合わせて更新されていきます。

旧バージョンにわざわざ戻してまで使うのはその面で考えてもおすすめしません。

Advanced Editor tools(旧TinyMCE Advanced)(投稿画面カスタム)

旧クラシックエディター時代に使われていた名残のプラグインです。

現在ではブロックエディタで使う方がほとんどで、ブロックエディタ上ではこのプラグインで使える機能がほとんど使用可能です。

記事の装飾をする上ですごく便利なように感じますが、そもそもブロックエディタでほぼ完結されているので、入れる必要はほぼ無いです。

プラグインの入れすぎに注意!

プラグインの入れすぎはサイトの読み込み速度の遅延に繋がります。

初心者によくありがちなのが、記事を書く時に便利なプラグインを次々にいれてしまうことです。

吹き出し機能、目次機能、文字装飾、ブロックで文字を囲む機能など、記事を書き始めるといろいろな機能が欲しくなりますよね。

するとどんどんプラグインが溜まっていき、自分でも管理ができなくなってしまいます。

そのうち何の為のプラグインなのかもわからないようになってしまうでしょう。

ハッキリ言いますが、記事を書く時の便利な機能については有料テーマを購入することで、ほぼ全部がついてきます。

私も始めは無料テーマのCocoonから使ってプラグインで機能を補っていましたが、どれだけ機能を補強してもプラグインで追加する機能って少ししょぼいんですよね・・・。

記事を書いてしっくりこないという方は、有料テーマを使ってみることをおすすめしますよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる