【超初心者向け】ブログの最初の記事で書く内容を解説!

「ブログを最近始めたけど、最初に書いたら良い記事って何?」
「何から書いたら良いかさっぱりわからない・・・。」

今回はこのような方に向けての記事になります。

ブログを立ち上げたはいいけれど、始めは何を書けばいいか分からないですよね。

私も書き始めのころは、何から書いたらいいかわからず、ひたすら迷走しておりました。

この記事では最初に書いていく3種類の記事と、その順番をお教えします。

是非最後まで見てください。

この記事の内容
  • 一番最初の記事で書く内容は?
  • ブログを構成する3種類の記事
  • 最初の記事を書いた後は?
目次

一番最初の記事に書く内容

これは結論から言えば、キラーページです。

キラーページとは、収益を得る為の最終地点のページにあたるものです。

1つのキラーページをブログのトップページ上部に「固定ページ」のリンクとして表示させます。

そもそもキラーページを書いてなければ、どれだけ記事を量産しても、収益を得ることは難しいです。

また、キラーページを最初に書かずに記事を量産した場合、キラーページに対してのリンクをいちいち後から張り付けていかなければならない為、効率も悪いです。

一番最初に書く記事は必ずキラーページにしてください。

ブログを構成する3種類の記事

ブログでは主に3種類の記事で構成されています。

それがキラーページお役立ち記事興味関心記事の3種類です。

3種類の記事
  • キラーページ
  • お役立ち記事
  • 興味関心記事

これら3種類の記事によってブログは構成されています。

各ページの役割について説明します。

キラーページ

キラーページは冒頭で説明した通り、収益に直接繋がる最終地点です。

このページには、商品購入してもらう為の手順や、商品の紹介などをしています。

購入する決意をした人を誘導する為のページです。

基本的に最初に書く記事で、全体で一番少ない記事数になります。

お役立ち記事

お役立ち記事とは、読者の人に対して役に立つ情報を提供する記事です。

記事の内容として、比較系の記事や、ランキング系の記事などがあげられます。

お役立ち記事の内容
  • 比較系(どんな特徴?)
  • ランキング系(どれが一番?)
  • 使ってみた系(実際はどう?)
  • 操作説明系(手順は?)
  • ノウハウ系(やり方は?)

上記の記事を見ている方は、かなり商品に対して近い状態、つまり購買意欲が高い状態にある方々となります。

全体の記事数では3割ほどを占めます。

興味関心記事

興味関心記事とは、見たい、知りたい、やってみたいなどの人を引き付ける記事です。

興味関心記事を見る人は、商品のことは知らない人になります。

例えば「ダイエット」に興味がある人が、「ダイエット 食事」で検索したとしましょう。

ブログ主は、この人に「ダイエット 器具」を買ってもらいたいです。

ブログで扱っているのはダイエット器具系のコンテンツなのです。

しかし、検索したのは食事。

お役立ち系記事では、商品を知っている人には見てもらえますが、知らない人には無力です。

そこで、興味関心記事なのです。

「ダイエット 食事」のキーワードを含む記事も、コンテンツの中に作ってしまえばいいんですね。

その内容として、ダイエットで食事制限する方法もあるけど、ダイエット器具でやせる方法もありますよ!と宣伝します。

そうすることで元々興味がなかった人が、そこに対して興味を抱くようになるのです。

そしてその人は、お役立ち系へと移動し、最終的にはキラーページへ移動してくれる可能性も出てくるんですね。

3種の記事の比率

100で比率と表すとしたら

3種類の記事の比率

キラーページ 5
お役立ち記事 30
興味関心記事 65

このような比率で記事を書いていきます。

100記事あればキラーページは5記事ほどで十分です。

最初の記事を書いた後はどうするか

最初の記事はキラーページの作成と伝えましたが、その後はどう記事を書いていけばいいでしょうか?

答えは、お役立ち記事を4つ書き、興味関心記事を6記事書きます。

そして、またお役立ち記事を4つ書き興味関心記事を6記事書きます。

これをひたすら繰り返しましょう。

すると100記事ほど記事を作成できた時に、どの記事が人気があって、どの記事が人気が無いか、データが取れるようになります。

本気で取り組めば3か月でこのステップまで行けるはずです。

当ブログ主も、他に2つのサイトを運営していますが、最初はこの単純なことを理解するのに相当苦しみました。

20記事程度しか書かずに、ジャンルがダメ?書き方がダメ?もっと勉強しなきゃ・・・。

そんなことばかりに時間を使って、本質である記事を書くということをまったくしなくなりました。

どれだけ勉強しても実績は0歩です。

記事を100記事書いた人は、勉強はそれほどしてなくても100歩進んでます。

勉強しすぎるとノウハウコレクターみたいな昔の私になってしまうので気を付けてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる