【やめとけ】副業でウーバーイーツがダメな5つの理由!

副業としてウーバーイーツをやってみたい?

正直言って、絶対やめておいた方がいいです。

その理由を5つほどまとめました。

これから始めようと思っている方は、一度目を通してください。

目次

ウーバーイーツが副業に向いてない理由5つ

ウーバーイーツは副業には向いていません。

その理由を今回は5つまとめました。

何のスキルも身に付かない

はっきり言って、ウーバーイーツは何のスキルも必要とせず、何のスキルも身に付かない仕事です。

仕事内容は注文されたものを、注文先まで持っていくだけですよね。

ようは誰でもできる仕事内容なので、まったく自分の為にならないんです。

例えば、プログラミングを覚えたり、ライティングの知識を身に付ければ、それが仕事になった時プログラマーであれば月に50万以上、WEBライターでも文字単価8円(5000文字の文章を書けば1記事で40000円)ということがザラにあります。

それは何故かというと、他にできる人がいないし、簡単ではないからです。

賃金もそれほど高くない

必死に自転車をこいで、かなり良くて時給2000円、ほとんどの方は時給1000円程度です。

そもそも2000円という時給は高いですか?

全然高くありませんよ。

普通に就職して働いていれば、額面30万が普通です。

1日8時間を20日間働いたとして、大体時給2000円です。

ただの仕事の延長線じゃないですか?

アルバイトの金額が1000円前後だから、高いかもしれないと錯覚しているだけで、実際はそこまで高くありません。

副業に時間を割いたら意味がない

副業に時間を割く場合、割が良い副業をしなければ意味がありません。

でなければ本業の延長線をしているだけで、ただの残業です。

この割が良い仕事とは何でしょうか?

例えば以下のようなのが割の良い仕事です。

割の良い仕事とは
  • 月に3万だけど、実労働時間が5時間だけだから時給6000円
  • 4時間働いて3000円だけど、指示出しするだけでほとんど何もしなくて楽チン。

これが割の良い仕事です。

使った時間に対しての金額が格別に多いか、もしくは格別に楽な仕事かどうかということです。

これを満たすことができなければ、副業にする意味はハッキリいってないです。

自分の時間を作れない副業は意味がない

8時間~10時間の仕事を終えて、その後ウーバーイーツを4時間で数千円。

もしくは休みの日にウーバーイーツで、数千円を得る。

これは、毎日の自分の時間を全て仕事にささげて、生きることを仕事に使っているんですよね。

生きていればやりたい事や趣味があります。

ただ、ウーバーイーツの仕事をどれだけやっても、その仕事する時間は減りませんし、得られるお金も劇的に増えることはあり得ません。

副業は、本業よりも稼ぐ時代

「副業は本業のサポートをする為である」
「毎月少しでも生活のたしになればいい」

そのように思っている方が非常に多いです。

しかし、今や副業とは本業より稼げる時代なんです。

現にユーチューバーと呼ばれる人たちは、元々本業がありながら動画を回し続け、副業が本業を上回った時に本業を辞めて行きました。

副業をきっかけに、自分の時間を作れるようになったり、自分の好きな仕事ができるようになるんですね。

なので、ウーバーイーツをどれだけやったとしても、それらを得られるようになることは絶対にありえません。

どんな副業がおすすめなのか?

2021年現在でかなり熱い副業は3つあります。

  • アフィリエイトブログ
  • プログラミング
  • WEBライター

アフィリエイトブログ

アフィリエイトブログは始められるハードルは低いが、挫折率も高いです。

その多くの挫折理由は稼げないからではなく、そもそも何を書いたら良いかわからなかったり、あきらめ癖があり30記事程度も書けずに辞めて行く人がほとんどです。

逆にコツコツ長く続けられる人(最低でも1年)は、ほとんど何もせずに収入を得るという、不労所得状態を作り出すことも可能です。

ウーバーイーツの仕事をやれるくらい気合があるなら、アフィリエイトブログもできる人は多いでしょう。

プログラミング

プログラミングはjavaスクリプトや、phpなど種類がありますが、基本的なjavaスクリプトやphpの言語をマスターしている人であれば、額面40万未満(手取りで30万未満)の人を自分は見たことがありません。

それくらい今プログラマーは人が少なく需要が高い職業です。

また副業にできる理由は、プログラミングができるようになれば、企業に属さなくてもクラウドソーシングなどで自分のスキルを利用して利益を得ることが可能なんです。

ただ、おすすめする3つの中では格段にハードルが高いです。

本気で成功したいという思いがあるのであれば、プログラマーへの道はおすすめです。

WEBライター

WEBライターは文字を書く仕事なので、簡単そうに見られることも多いですが、実際はかなり難しい仕事です。

この仕事に関してはクラウドソーシングなどで記事を書くのはおすすめしません。

何故なら、文字単価1円や、それ以下の0.1円などで搾取されるだけだからです。

実際に記事作成の依頼を見てみればわかりますが、クラウドソーシング内で文字単価5円以上などで依頼があるのは確固たる実績がある方のみです。

通常はWEBライティングの実績を作るところから始めるのが普通です。

つまり自分のブログを持っていて、集客する記事が作れていることや、書籍を書いたことがある、その関係の仕事現場で働いていたなどです。

通常の人であれば現場で働いていることなどなく、書籍も出していることなどはないので、実際にその現場で働いてスキルを身に着けるか、ブログを運営するところから始めるのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる