画像に矢印や赤枠を挿入できる「screenpresso」の使い方を紹介

お悩みハム

画像に矢印や赤枠を挿入できるフリーソフトはある?
入れる矢印や、枠のデザインも変えられると嬉しい。

今回はこのような悩みを解決していきます。

画像を使った手順解説の記事を書く時などに、矢印とか枠を付けた方がわかりやすいですよね。

この記事では、そんな悩みを解決できる最強の無料ツールScreenpressoの解説をしていきます。

以下の4つに分けて、わかりやすく解説していきます。

①Screenpressoとは?
②Screenpressoのインストール方法
③Screenpressoの使い方
④Screenpressoの機能

是非参考にしてくださいね。

目次

Screenpressoとは?

Screenpressoはスクリーンショットした画像をそのまま編集できるフリーソフトです!

主にできることは

・矢印
・枠
・数字
・テキスト
・モザイク

などの装飾機能を使用することができます。

具体的なデザインは以下の画像を参考にしてください。

色やデザインも自分好みに変更できますよ。

元々保存済みの画像も、もちろん編集可能です。

次はインストール方法について解説します。

Screenpressoのインストール方法

ScreenPresso公式よりダウンロードしてください。

手順に沿ってインストールします。

スクリンプレッサーを無料で入手をクリック。

scressnpressoをダウンロードするをクリック。

メールマガジンが必要かどうかを問われるので、スキップをクリック。

エクスプローラーが表示されるので、保存場所を適当に決め、保存。

ダウンロードされるので、左下に表示されているのを開く。

使用規約が出てくるので、同意にチェックしコンピュータにインストール。

以上でインストールは完了です。

次に使い方について解説します。

Screenpressoの使い方

スクリーンショットした画像を編集する

インストール後にPC中央上部に、黒の二重線が追加されます。
カーソルを合わせてください。

カーソルを合わせると、黒い吹き出しが出てきます。
指定領域のスクリーンショットをクリックしてください。

スクリーンショットしたい好きな部分を指定してください。
指定すると、右下のScreenpresso内に保存されます。

①保存されたスクリーンショットを選択し、②編集をクリックすることで、スクリーンショットした画像を編集することができます。

編集画面です。右上の機能を使って自由に編集できます。

すでに保存済の画像を編集する

画面上部だけでなく、PC画面右下にもScreenpressoのアイコンが追加されているので、ここからもスクリーンショットと編集が可能です。アイコンをクリックしてください。

適当にスクリーンショットした画像を選択すると、編集の部分が点灯するので、編集をクリック。

画像編集画面が開いたら、左上のPアイコンをクリック。

バーが出てくるので、開くからPC内の好きな画像を選択し、編集することができます。

Screenpressoの機能

Screenpressoの便利な機能で、これはブログで使える!というものをピックアップしました。

以下の機能は、ブログの解説記事などで非常に便利です。

便利な機能

・矢印が挿入できる
・枠で囲むことができる
・数字を付けて順番をわかりやすくできる
・テキストを挿入できる
・モザイクがかけられる
・矢印や枠などのデザインを変えられる

矢印が挿入できる

好きな矢印のデザインを選んで挿入することができます。

枠で囲むことができる

好きな枠のデザインを選んで囲むこともできます。

数字を付けて順番をわかりやすくできる

数字を付けて順番をわかりやすくできます。

テキストを挿入できる

矢印だけではわかりにくい部分も、テキストを追加してわかりやすくできます。

見てほしくない場所はモザイクができる

個人情報などのプライバシーが入ってしまったところに、モザイクがかけられます。

矢印や枠などのデザインを変えられる

矢印や枠のデザインが気に入らない場合は、好きなデザインに変更可能です。

矢印や枠を右クリックし「描画オプション」から様々なデザインを変更できます。

その際、ショートカットに追加をしておくことで、一覧からいつでも呼び出せるようにできます。

パーツ削除、1つ前に戻る

①パーツの削除は、消したいパーツをクリックし、deleteで削除できます。

②1つ前の作業に戻るには、ctrlを押しながらZで1つ前に戻ることができます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる